小豆島霊場 第一番 どう うん ざん
洞 雲 山

洞 雲 山

所在地 香川県小豆郡内海町坂手灘上甲730
主管者 加藤義昇
電 話 0879-82-0685
御本尊 毘沙門天王
真 言 オン ベイ シラマンダヤ ソワカ
詠 歌 仙人のよわいと共にちよろずの
    宝授くるみほとけぞこれ
納経所 三番 観音寺
 林道の終点に「洞雲山」と記された石柱がある。 ここから山岳霊場五千坪の境内に入る。老杉の岩壁 に大師堂の並ぶ建物の調和が誠に自然で、御供所の 前に「大師お杖の水」と称す泉がある。滝壷の池に 水鏡の仏様を拝し十三尊を仰ぐ石畳から礼拝堂を経 て石の登廊から洞窟に入る。毘沙門天王(多門天) は、仏教を守護する四天王の一尊にあり、七福神に 数えられている。更に密教では、福徳財宝をもたら す本尊として信仰されている。ここ洞雲山では、財 布に入れておくとお金に恵まれる縁起の良い「福守」 を授けている。本尊八角堂の前で僧が護摩修法して 居り、岩肩の聖火と共に左右、一対の烈火は密教の 持つ神秘的な雰囲気である。其の名のような、雲上 の洞窟に於て、清朗な読経は人の声も、我が声も天 声となって心に浴し怒りも悲しみも、きれいに沐わ れて清浄な心になり言いつくせぬ、安らぎと喜びを 感得する。法炎は、身に付いた不純なもの、凡てを 焼却し去り、又其の温みは心を生かし再生してくれ るのである。洞雲山はそうした要望に答える霊場と 言えよう。


前の札所 次の札所 心の物語メニューへ戻る