小豆島霊場 第四十一番 ぶっ こく さん
佛 谷 山

佛 谷 山

所在地 香川県小豆郡池田町平野乙263-2
主管者 宮内 義澄
電 話 0879-75-1084
御本尊 薬師瑠璃光如来
真 言 オン コロコロ センダリ マトウギ
ソワカ
詠 歌 み仏の、誓も深き谷水は、病をいやす 薬なりけり。
納経所 四十番 保安寺
 「あなたは今、幸福ですか」と尋ねられて、「は い」と即答出来る人は、はたして何人おられるでし ょうか。都会の雑沓から離れ静かに自分を省みる所、 そんな場所がだんだん無くなりつつあるのは寂しい 限りです。自分を生々とした心に戻らせ、人生の素 晴しさを与えてくれる場所、それらを求めるならば、 当山はその道場になり得る格好の場所だと申したい。 当山は弘法大師の修行道場として何世紀もの星霜を 閲し、多数の求道者に大慈を与えた同行二人の大悲 誓願を仰ぐ実践修行の山岳霊場である。
 当山は正式には、佛谷山(ぶっこくざん)三学院 と号し、通称「島薬師」と称す。保安寺の奥の院と して海抜四百米の山頂近くにあり、深山幽谷の谷間 の霊場で眼下に瀬戸内海が開け、遥かに四国本土の 名勝、屋島、五剣山の風光が望める景勝地にある。 本堂は洞窟内にあり、一歩入ると薄暗い中に洞窟よ り清水が湧き流れる霊泉がある。
 その昔、弘法大師が御修行中、当山の洞窟内で柴 をたき、その上へ海の藻をしき、病者をそこへ坐臥 させて汗だくになるまであたため、病の治癒に努め たと云う。洞窟の石は当山独特の白い柔らかい石で、 「薬師石」として病気平癒、無病息災等の御蔭多し と受けて帰るもの多数あり。洞内の岩よりしみ出ず る清浄水「薬師水」は、病の薬なりといつとはなし に巡拝者によって言い伝えられている。
 尚、当山は20数年間荒廃していたが、昭和50 年、神戸在住の篤信者の一建立により、本堂、客殿、 鐘楼等が復興されるに到る。


前の札所 次の札所 心の物語メニューへ戻る