句碑の森

小豆郡土庄町出身の俳画家、赤松柳史(りゅうし)は発起人となり、水原秋桜子ら多くの俳人が小豆島を詠んだ。
48基の句碑が、自然の中に溶け込んでいる。

オリーブの葉は白銀に春の月 赤松柳史


かすむ海磯によせ来ておともなし 秋桜子





















壺井 栄

生田 春月

黒島 伝治

壺井 繁治

尾崎 放哉

萩原 井泉水

句碑の森


小豆島・4つの物語へ戻ります。